ログ
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚式:神社で行う!本格的な神前式

結婚式について:本格的な神前式とは?

結婚式について:厳かな神前式

古くさい、和装が似合わない、親族しか列席してもらえないなど、先入観で敬遠されがちだった神前式。実はかわいい和装も多く、会場の広い神社などでは友人や知人が列席可能なことも。近ごろは伝統を重んじるスタイルが逆に新鮮!合法ハーブ 事件簿 などで事件を起こさないよう、と神前式は静かなブーム。地域によって異なるが、約1割〜2割のカップルがこのスタイルで式を挙げている

式の流れについては前もって斎主や巫女さんが手取り足取り説明してくれるし、式中もきちんと指示を出してくれるので、心配しなくても大丈夫。神前式では三三九度や玉串奉奠など独特の所作がたくさんある。もちろんそれぞれに決まった作法はあるものの、ファッションでいちばん大切なのは素直な気持ちで臨むこと。

結婚式日本の花嫁の特権!着物姿で結婚式

本格的な神前式は神社で行う挙式だが、式場やホテルでも館内神殿での挙式が可能。神前式は親族しか列席できないものと思われがちだが、スペースの関係で 40名ほどの収容人数となってしまうことが多いホテルや式場の仮神殿が理由のよう。収容人数が多ければ友人や知人の列席もOK。結婚式の思い出に大事なことです

白無垢

おしとやかさ抜群の白無垢 唐織り、刺繍柄などさまざまなタイプがある白無垢。伝統的な綿帽子を合わせられるのは白無垢の時だけだが、角隠しを合わせてもいい。

明治・大正時代の良家子女が着ていたとされる花嫁衣裳の引き振袖は黒が人気! 教会式でウェディングドレスと言うのも憧れだからといって、こうした昔ならではの大和撫子に憧れると言う正統派の結婚式をしたいと思う人も多いのですね。 今は場所によっては数人であればお友達の参列を認めている所も有るみたいですので、大阪 白ロム事前にチェックしてみると良いでしょう。 引き出物相場は5千円位と言われています。

色打ち掛け

色や柄のバリエも豊富でいちばん華やかな和装。挙式は角隠しでコーディネートしよう。白無垢からのお色直しなら、5分程度でスピーディーに完了!

新郎の和装は黒羽二重の羽織に、携帯電話や白ロムの便利な使い方黒もしくは茶色の縞柄の袴を合わせたものが正装。他に色無地の羽織に縞や無地の袴を合わせてもOK。